環境マテリアルの提供

【リサイクル改良土】

リサイクル改良土とは川砂利を製造(洗浄)した際に生ずる洗浄土に生石灰を加えたものとなります。

コンクリートとは異なりセメントなどで結合させるものではなく圧力をかけることにより硬化します。

有機物が加えられていない自然循環材のみで構成されているため環境にやさしい製品です。
%e6%94%b9004 %e6%94%b9002

%e6%94%b9003 %e6%94%b9001

【リサイクル改良土の特性】

草が生えにくく、安定感があります。
無臭、無害、風雨につよい製品です。
長期間に渡り メンテナンスフリーを実現可能です。
またコンクリートと異なり、施工期間に関係なく現状復帰が非常に容易です。

201604011509 %e6%94%b9006 %e6%94%b9007

【施工例】

伐採の後、改良土を敷設し、転圧後以下のように非常に美しく仕上げることが可能です。またフェンス際など転圧しずらい場所には、にがり(塩化マグネシウム)を加えることにより土壌表面の硬度を強化した「リサイクル改良土ver2.0」による施工も可能です。

%e6%94%b9008%e7%9f%a2%e5%8d%b0%e6%94%b9009

%e6%94%b9010%e7%9f%a2%e5%8d%b0201512030912

201603300910%e7%9f%a2%e5%8d%b0201604011621

 

 

 

 2014年6月 山梨県身延町に日本初のリサイクル改良土を基礎にした太陽光発電所を設置

リサイクル改良土は硬度も高く、杭の基礎には最適です。草も生えにくく除草の手間もいりません。
コストはコンクリート施工と比べ半分以下です。産廃処理の必要もありません。
今後太陽光発電所のみならず一般の建築基礎、遊休放棄地の保守用にも販売していきます。%e3%81%b5%e3%81%98%e3%81%8c%e3%81%ad