エッジAIカメラ

 

従来のカメラシステムでは映像をたえずサーバーやクラウドへ送っており、

常時人による映像監視や最近ではクラウド上でAIによる映像監視をしておりますが

今後IoTが加速していくなかで、エッジ側である程度処理を求められるケースが増加されると思われます。

そこでサーバーやクラウドへの依存を抑えたエッジAIカメラを開発致しました。

 

SI0720(屋外筐体)

  •    
  • GPUをカメラ内に搭載することに成功したSI0720では、

    学習済みのAIモデルを組み込むことで、

    カメラ内で推論や切り分けをすることが可能になりました。

    まるで人間が見て判断しているかのようにカメラが判断致します。

    屋外設置に対応(IP65準拠)し、LTEの通信モジュールを搭載しているため電源の確保のみで設置が可能です。

SI7200(屋内筐体)

  •  
  • SI0720と同等のスペックを屋内で、かつ安価にご提案可能です。

    卓上サイズの非常なコンパクトなカメラ筐体ながら、

    ハイパフォーマンスを発揮可能なプラットフォームを実現致しました。

    屋内でのパフォーマンス発揮のため、LAN・PoE・Wifi・LTEの各通信機能を搭載しております。

     

 

 

 

 

Deep Learningの手法成功により,これまで以上に期待が出来る画像認識の分野では

カメラソリューションも一新し、これまで抱えていた課題にも

新たな視点からアプローチをかけることで解決策の一つになるのではないでしょうか。

SI0720及びSI7200は様々な分野で活躍できるポテンシャルを秘めているので

様々な用途に合わせてご提案致します。